読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わきがガール~治療レポート~

わきが(腋臭症)、多汗症を剪除法(せん除法・皮弁法)手術で治すことを決意しました。完治するまでの道のりを記録します。

形成外科の初診!①ワキガの診断と手術が決まった日

f:id:sayashi:20170110085356j:plain

先日、総合病院の形成外科の初診を受けてきました。ワキガ(腋臭症)の手術を相談するためです。初診で確定診断、手術日の決定…と急展開に進んでいきました。

あまりにすぐに手術が決まってびっくりしていますが、記事で振り返っていきます。

ワキガ治療のために形成外科の初診へ

病院探し-保険適応の剪除法(皮弁法)が受けられる病院を探す

まずはインターネットで検索!剪除法(せん除法・皮弁法)のワキガ手術を受けられる病院を探しました。

県内には、沢山の美容外科クリニックや、病院の形成外科・美容外科がありました。その中でも、自分が希望する剪除法(せん除法・皮弁法)の手術を保険適応で行っている医療機関を探していきます。

剪除法(せん除法・皮弁法)は実地していなかったり、保険が効かなかったり、自宅から遠かったりで、沢山のクリニック・病院を消去していきました。

そして、ここだ!と思う病院を見つけました。

総合病院の形成外科を選んだ理由
  • 小さいクリニックよりも何となく安心
  • 病院のサイトに、保険適応で剪除法(皮弁法)が受けられることや、手術の概要が記載してあった。
  • 病院のサイトに、形成外科医の経歴や治療実績が掲載されていた
  • 家から近い(退院後に1人で歩いて帰れる)

以上の理由で、初診先の病院を選びました。

 

形成外科初診日当日!

ギリギリに受付

初診の患者は予約なしで受診できるということで、余裕を持って受付開始時間に行こうと思いましたが、寝坊!

ワキガの診察ってどうやるんだろう?と思って、すぐにワキが見せられるように前開きのブラウスを着ていきました。バタバタと着替えて、バスに飛び乗りました。初診受付のカウンターへ向かい、受付終了時間1分前に受付が出来ました。

 

初診票・問診票の記入

まずは初診受付カウンターで、初診票に記入します。住所・氏名・年齢・希望する科・その他、気になる症状を記入します。

症状:全身の汗、臭い(特に腋窩)と記入しました。

そのあと案内された形成外科の外来へ。大きな病院なので迷いそうになります。外来で問診票に記入します。ここでも、ワキの汗と臭いが気になっていることをアピールしました。

 

形成外科外来の雰囲気は?

問診票を出して、ドキドキしながら名前が呼ばれるのを待ちました。薄暗い形成外科の外来は、沢山の患者さんで溢れていました。思っていたより高齢の患者さんが多く、普通の内科外来のような雰囲気でした。 

自由診療の美容医療やレーザー治療もしているため、若い女性が多いのかな?と思っていました。形成外科では皮膚の外傷や潰瘍、乳がんや皮膚がんの再建術などをしているため、高齢の患者さんが多いようです。

予約なしでギリギリで受付をしたので、呼ばれるのに時間がかかるかな~ と思っていたら、20分くらいで名前が呼ばれました。

 

ドキドキしながら診察室へ!

名前を呼ばれ、緊張しながら診察室へ入りました。

「初めまして。形成外科医の○○と申します。」

あれ?外来診療担当票に載ってた医師とは、顔も名前も違う…。多少戸惑いながらも、丁寧な挨拶にほっとしました。中堅の男性医師でした。

そして、医師は記入した問診票を読みながら診察を始めていきました。

 

形成外科医の問診と検査

両ワキにガーゼを挟んで検査

「これを両ワキにしっかり挟んでください。」

 と言われ、いきなり四つ折りにしたガーゼを2つ渡されました。「ワキに挟んだガーゼの臭いを嗅いで診断をする」というのは聞いたことがあります。ガーゼテスト」というそうです。

実際にこうやるんだぁ…と思いました。

しっかり臭いが付くように、ワキにガーゼを挟みこみました。冬なのに薄着だったし、前日に重曹入り風呂でしっかり臭い・皮脂を落としたので、臭いがするか心配でした。

しばらく両ワキにガーゼを挟んだ状態で、形成外科医は、問診を続けていきます。

 

形成外科医の問診

問診は10分程度でした。慣れた様子でいくつか質問をされました。

問診で聞かれた内容
  • 家族構成、身内やきょうだいに汗・臭いの強い人はいるか。
  • 身内で治療をしたことがある人は?
  • 耳垢は湿っているか?
  • 今まで汗と臭いについて治療をしたことは?
  • 周りから指摘されたことはある?
  • 激しいスポーツはしてる?
  • レーザー治療や外用薬で治療をしたことがある?

大体、このようなことを聞かれました。

私「身内にもいます。耳垢は湿ってます。脱毛はあるけど治療はありません。他の病院の診察を受けたことはないです。市販の外用薬を使っています。」

淡々と答えました。医師は頷きながら、電子カルテに打ち込んでいきます。電子カルテには「腋臭症、遺伝」という文字が見えました。

 

問診+ガーゼテストの結果は?

カーゼの臭いを嗅いで診断

10分ほど問診をしたあとに「じゃあ、そろそろガーゼを渡してください。」と言われました。ワキに挟んだままのガーゼを医師に渡します。

医師はガーゼの臭いを嗅いで、すぐに診断をしてくださいました。

「中等度くらいのワキガだと思います。重度ではないですが、保険適応の手術の適応は十分にあります。手術以外の選択もあるので 、これから説明していきますね。」

 あっさりと、ワキガの診断が降りました。この瞬間、ほっとしました。専門家にはっきりと認めてもらえたことで、確信が持てました。そして、治療が受けられるんだという安心感がありました。

ガーゼテストの重症度とは?

ガーゼテストの重症度分類は以下です。

    1. Stage1 : 全くにおわない
    1. Stage2 : 脇にはさんだガーゼからかすかにわかる程度
    1. Stage3 : 脇に鼻を近づけてよく嗅げばわかる程度
    1. Stage4 : 横にいてわかる程度
  1. Stage5 : 少し離れていてもわかる程度

私はstage3~4程度=中等度だと言われました。はっきりワキガだと診断されて、手術も受けられると知って安心しました。

(剪除法(皮弁法)の手術を受けたくて来院しました。)と答えようと思いましたが、とりあえず話だけ聞こうと思って黙りました。

 

そして治療法の説明、剪除法(皮弁法)での手術の決定、入院手続き…と、トントン拍子に話が展開していきます。

その内容は、次回の記事で書きたいと思います。

スポンサーリンク