読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わきがガール~治療レポート~

わきが(腋臭症)、多汗症を剪除法(せん除法・皮弁法)手術で治すことを決意しました。完治するまでの道のりを記録します。

わきが治療で、私が剪除法(皮弁法)の手術を選んだ理由

 

f:id:sayashi:20161215201755j:plain

わきがの治療にはたくさんの選択肢があります。超音波メス吸引法、ミラドライ、ローラークランプ…

数ある治療の中で、私が選んだのは「剪除法(皮弁法)」とよばれる手術です。

剪除法(皮弁法)は、腋の下の皮膚を切開し、わきがの臭いの原因となるアポクリン腺・汗を出すエクリン腺を切り取る手術です。

この術式は、皮弁法や直視下摘除法ともよばれています。

それぞれの治療のメリット・デメリットを比較した上で剪除法(せん除法)を選びました。その理由を語りたいと思います。

<目次> 

 

 

剪除法(せん除法)は最も確実な治療法

私は、重度のわきが・多汗症です。手術をする上で、最も優先したのは「確実にワキガ・多汗症を治すこと」でした。

剪除法(せん除法)は、数あるわきが・多汗症治療の中で、最も確実に効果が得られる手術です。

皮膚を4~5cmほど切開し、その皮膚を裏返して、医師が目で確認しながらアポクリン腺・エクリン腺と皮膚を切り離していく術式です。

現在は、美容に配慮してほとんど傷跡を残さない治療が沢山あります。

 

  • 小さな穴を開けて、超音波メスで汗腺を吸引して取り除く「超音波メス法(ソノペット)」
  • マイクロ波を照射して汗腺を破壊する「ミラドライ」
  • 汗腺のはたらきを弱める「ボトックス注射」

 

このような「傷跡が残らない治療」「切らない治療」は、効果が不安定です。

医師の技量によって効果が左右されたり、重度のわきが・多汗症の場合は満足いくほど効果が得られないことがあります。

再発する可能性も高いです。

 

「1回の治療で、重度のわきが・多汗症を確実に治したい!」

そう思って、剪除法(せん除法)を選びました。

 

傷跡が残ってもいい。臭いと汗を残したくない。

剪除法(せん除法)は皮膚を切開するため、他の手術に比べて傷跡が残りやすいです。

女性なら気にする人も多いと思います。

しかし、私にとってワキに傷が少々残るのは問題ではありませんでした。どうせ服を着れば隠れる!それより汗と臭いを残したくない!

どの治療も、デメリットはあります。傷跡が残るリスクを承知の上で、剪除法(せん除法)を決断しました。

 

保険が適応される!他の治療に比べて安い

ワキガの手術は、保険が適応されて3割負担になる場合があります。

  • 医師が、手術が必要だと認めること
  • 剪除法(皮弁法)又は切開式の手術であること

 この2つの条件が必要です。

切開式は皮膚を切り取る手術ですが、剪除法(皮弁法)は皮膚の裏にある汗腺のみを切り離す手術です。現在は 剪除法が主流です。

保険が適応されない治療の場合、自由診療で全額負担となります。

治療による金額の差は?

クリニックや病院によって料金に差があります。一般的に下記の金額です。

 

  •  剪除法(皮弁法):両腋で3~5万。入院する場合は、トータルで8~9万程度。※保険適応の場合
  • 超音波吸引法:25万~40万
  • 超音波ローラークランプ法:30~45万
  • ボトックス注射:7~10万 ※効果は6か月程度
  • ミラドライ:35~45万

 

保険適応の剪除法(皮弁法)が最も安いです。

2泊程度入院する病院もあり、入院費を合わせるとトータルで10万弱程度かかることがあります。日帰りで片ワキずつ手術をする場合などは、片ワキ2万前後のようです。

他の治療法は自由診療のため、治療費も高額です。また、術後の通院費もかかります。その代わりに、分割払いが可能なクリニックが多いようです。

 

保険適応の手術か、自由診療の手術か

傷跡を残さないために、自由診療の術式を選ぶ女性もいます。私も、分割払いで高い治療を受けようと思ったことがあります。しかし、思いとどまりました。高額なのに、効果が不安だからです。

1回目の治療に満足できず、再手術を希望することになるかもしれません。 分割で返済をしながら、再手術をする余裕はありません。そのため、保険適応される剪除法を受けようと思いました。

【PR】池袋、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡でワキガ治療をするなら

スポンサーリンク